2017年3月30日木曜日

昨日今日と続けて2冊の見本が届きました。

あれが、こうなる。(笑)

編集さんやデザイナーさんの手によって仕上がった本は
出来映え3割増し!

もし出来上がったどの本も何かの理由で一生見せてもらえないことになったら、この仕事を続けていく自信がありません。

それでふっと思い出しました。
もう随分前の話ですが、息子5歳の七五三の日、母はすでに病気で入退院を繰り返していて当時も病室の人でした。
母に対して妙に意固地だった私は、孫の晴れ姿を大部屋に入院中の母に見せに行きませんでした。
世界一だとか貴公子のようだとか、他のお孫さんがいらしてもどこでも平気で一番を唱える、それが嫌でたまらなかったのです。

まさかほどなくして亡くなるとは思わなかったので後悔は今も膨らむ一方。
袴姿のちっちゃなお殿様を愛でて貰っていたら、息子自身にも輝かしい思い出ができていただろうにと思います。

しょうがないから本2冊、遺影の前に飾りましょう。(;^_^A

2017年3月28日火曜日

春の誕生

1年以上のご無沙汰です。
何を隠そうこの存在を忘れていました。
ホームページも時を止めたまま・・・・

気ぜわしく慌ただしい1年間、
表記名も左藤からサトゥーに戻したり、行ったり来たり迷い道くねくねはいつまでも続きそうです。

最近ではありがたいことに「絵本っぽいイラスト」のオーダーが再燃しておりまして
この春、ポコポコと新刊が誕生いたします。

誕生というのは嬉しいものです。
関係する皆で粘土をこねてこねて、窯に入れ焼き上げ完成するのは著者のカタチです。
形を整えるのは編集さんで焼き上げるのが印刷屋さん制本屋さんかもしれませんが、どの角度からどう見ても著者さんのカタチに出来上がるんですね。
そこが面白い。
皆さんにも誕生を喜んでいただくことで次の絵のタッチが磨かれる、という、(いくつになっても)「褒められて伸びる子」のような良循環をいつまでも回していけたら幸せです。

反省点は常に抱えています。
だから、もっと切磋琢磨!日々修練!と日々胸に抱いてあたためたまま・・・
あたためっぱなしにせず、そろそろどうにかしたいと、ちゃんと考えております。
(1年後も考えたままだったりを予感されますね。)



2016年1月17日日曜日

2016年と17日

年が明けてもう半月以上経っています、、遅ればせながら新年おめでとうございます。

暖冬の東京、各地のご様子はいかがでしょうか。

毎年、頭の中で「こなー!ゆきー!」(そこしか知らない)がエンドレスでぐるぐる回り始めると
雪が降ることになっておりますが、今年はまだです。

今展示でお世話になっているお店の猫が病気で、店長さんが毎日背負って自転車通勤されてまして
どうか常に路面が乾いて安全運転できますよう願う冬。
多少の乾燥で肌がかさついても、、、オッケー!といたしましょう。






2015年11月30日月曜日

曲がり角を曲がりすぎ

日付が変わって、昨日は誕生日でした。ほんのり秘密で、そおっと迎えたい日でした。


いつだったか、編集さんと打合せの時にこじんまりとしたお店の前を通り

「ここ、すんごいんですよ!予約しないと食べられないけど1000円で充実ランチ!」

と教わっていて気になっていたのです。


そこを思い出して明日のランチに!と予約電話!!思いついたら即行動!



2度も電話して、、、日曜休業という文字にやっと気付きました。


娘とのデートは明日、いや今日と約束してました。

朝何時に電話しようかな。
人気の季節は1ヶ月先まで予約でいっぱいとかレビューに書いてあるので
ダミーはすでに考えてあります。
・・・・なぜ誕生日本人が必死なんだろうか!( ̄▽ ̄)
娘様は神様ですので。。。。。



1000円にしようか、奮発して2000円にしようか。
予約の時に決めなきゃいけないかな。
ああ、幸せな悩みでごめんなさい。えへ。



小さなイラストをちょっとだけ描かなきゃいけないので
頭のなかでイメージがちょろちょろしています。

小さなサイズなので、わかりやすくですね。苦労のしどころ。(^_^;)








2015年11月26日木曜日

国内向けですが絵をヤフオクにも出品しています。

「アクリル画」カテゴリーの名だたる画家さんの並ぶ中に、すっとんきょうな私の絵が混じってます。

物故新鋭入り混じって、画商さんやコレクターを行き来している絵たちの中で
まさか売れるはずもない。


ところが時々、落札していただけるので楽しいのですよこれが。
まだ12点。めざせ50点!

50点で何があるのか、、何もありませんけど、きっと嬉しいだろうなぁ。


私の絵を買ってくださる方はきっと素晴らしい。

2015年11月25日水曜日

ジャパニーズなイングリッシュ

思いついたことを即実行にうつし後悔することしばしばですが、、

これまで見ないふりをしていた自分のウィークポイントに着手しようと、
英語と闘っています。
闘うというより、、、機械翻訳にかけて「これはたぶん変だ」という部分をほじくりかえす作業。


翻訳サイトに丸投げですと私のペンネーム「左藤」は「Hidarifuji」となってしまいます。
そんな固有名詞はちょこまかと手直しすればいいのだけど
他の言葉になるとまったくわからない。

特に、詩的な表現などは英語でどんな慣用句があるのか、ここはスラングのほうが伝わるだろうかと、
この平べったい顔でアメリカ人になりきって考える必要があります。


考えるにもネイティブなザ・ジャパニーズには限界がありまして
つまり、、、自分の特技「SEO」を活かせばいいや!と
イラストレーターやアーティストの枠外で勝負に出ようとしておりますが。。。

これもひとつの表現と腹をくくるしかないぞ!クリエーションの範囲を広くだ。
と、自分に言い聞かせながら脂汗。

2015年11月15日日曜日

リキテックス画材体験

ホームページ内「アクリル絵の具の使い方」には毎日とってもたくさんのアクセスが。
学校の授業でご覧いただくこともあるとのご報告も時々いただきます。ありがたいことです。

イラストの仕事ではほぼ使わないアクリル絵の具ですが、展示の絵はがっちりアクリルです。
こってりでもあっさりでも、アクリル絵の具は「耐えうる」絵の具なんです。


さて、ご報告が遅れましたが先週、アクリルといえばリキテックス!
リキ!
リキだろう、リキ!

メガホンで叫びながら練り歩きたいぐらい好きなリキテックス!

リキテックス絵の具を輸入販売しているバニーコルアートさんの画材体験に参加できました。




秋の展示でご一緒だった方がバニーコルアートさんのマネージャーさんを紹介してくださり
「皆さんでぜひ!」とのことで、10名の「大人の社会科見学」が実現しました。


バニーコルアートさんでは、こういった画材体験をおよそ2時間程度、
参加者の希望により、アクリル、水彩、新商品などプログラムを組んでくださるそうです、
ご興味ありましたら問い合わせてみてくださいね。